Google Play Musicを日本から使用する方法(2015/03/27)

Google Play Musicとは

Google Play Music(旧:Google Music)(グーグル プレイ ミュージック)とは、検索大手のGoogleが提供する音楽提供サービスのことである。

利用者は自身が持っている楽曲を最大50,000曲までクラウドによるサービスにより無料で自動的な保存・同期ができる。MP3AACなど多様な形式に対応している。Google Music Artist Hubにより自分自身で制作した楽曲を自由に販売できるようなサービスも行なっている。Google+やYouTubeとの連携サービスも行われている。

2013年9月2日現在、日本の場合は、Google Play Musicのアプリをダウンロードして、使用することは出来るが、クラウドサービスの正式対応は未発表である。

こりゃ便利そうだ。是非日本でも使いたい。

普通にGoogle Play Musicにアクセスしてみたところ、
Google Play Music is currently available in select territories. Learn More
と言われてしまった。

38

VPSを使って回避してみる

せっかくうちのPCにはSoftEther VPNが入っているのだから、使うほかないということで使う。

すると、次は普通に表示された。
41

「同意して次へ」
42

「30日だけ有料サービスが試せる」らしいですが試しません。
「Use Standard」
43

機能の一部説明 「次へ」
45

カード情報を追加しないといけないらしいです。「Add card」
46

2chのレスによると、日本のカードでもZIPコードをUSのどこかを指定してやれば普通に使えるらしいです。

United States ZIP Codesにて適当なところを指定してやる。
私はラスベガスに住んでいるぞ。
49

50

52

しっかり通ることができました。

これで認証されたので、もうVPNは切っても構いません。

私はChromeを使っているのですが、Music Managerが拡張機能としてだけインストールされようとしていました。
53
Chrome extension

それよりかはPC内にexeをダウンロードしてインストールして使いたいなと思ったので、ここからダウンロード、インストールをしました。

将来、いつ50,000曲を埋めるかわからないので、複数アカウントで認証しました。

きっとこの手の方法もすぐに対策されます。

登録しとくなら今のうちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です