iOSにもPython2.7.6実行環境を作る(ついでにpipも)

AndroidのPython環境は見事期待はずれで終わりました

次はiOSに入れます。今度こそ。

こちらを参考にしています。

iOSにPython実行環境をつくる

1.iOSにOpenSSHとwgetを入れる

OpenSSHを入れます。

  1. Cydiaを開きます。
  2. 「SSH~~」みたいなところをタップ。
    S__2949122
    私の場合は日本語化パッチを当てているため英語版とは異なりますが、OpenSSHについての項目はここにしかないため多分わかると思います。
  3. 1:install the OpenSSHのOpenSSHをタップ。
    S__2949123
  4. いつものようなTweakの画面になるのでそのままインストールしてください。

これでOpenSSHのインストールは完了です。
次にwgetです。

  1. Cydia上で「wget」と検索
  2. Cydia/Telesphoreoリポからのものがヒットするはず
  3. インストールしてください

簡単ですが、wgetのインストールの説明は終わりです。

2.PCからOpenSSHに接続する

まずはiPhone等の端末の接続しているWi-FiのIPアドレスを調べます。

2-1.IPアドレスを調べる

  1. 「設定」→「Wi-Fi」で、今接続している接続先名の横にあるマークをタップする。
    S__2949124
  2. 「IPアドレス」の値をメモしておきます。これが接続すべきアドレスとなります。
    S__2949125

次はPCから接続します。

2-2.PCからOpenSSHに接続する

Windows系OSの場合はPuTTYや私の使っているCygwinなどから、Mac系の場合はTerminalからOpenSSHにアクセスします。

ここでは例としてCygwinを使います。このCygwinは事前にセットアップ時にインストールできるものをすべてインストールしています。

ターミナルにて次のように入力します。$は入力しません。

$ ssh root@IPアドレス

自分の場合この画像のように問われましたが、yesと答えましょう。
30

 

接続までにしばらく時間がかかります。

 

次に、パスワードが要求されます。パスワードを変えた覚えの無い方は、「alpine」と入力します。

root@192.168.11.4's password:

念のためにパスワードを変えておきましょう。
次のように入力してください。#は入力しません。

# passwd

すると、

Changing password for root.
New password:

と聞かれるので、5文字以上の新しいパスワードを入力します。
もう一度入力を促されるので、同じパスワードを入力します。

成功すれば

ユーザー名#

と普通に出ます。成功しました!的なメッセージは無しです。

3.Python実行環境のインストール

まずはiOS用に適されたPython2.7.6をインストールします。

まずはdebのダウンロードをします。
以下をターミナルで実行してください。

wget http://yangapp.googlecode.com/svn/debs/python_2.7.6-3_iphoneos-arm.deb

出力されたステータスを見てしっかりダウンロードされたのを確認したら、以下を実行してインストールしてください。

dpkg -i python_2.7.6-3_iphoneos-arm.deb

と、ここで私の場合はエラーが起こってしまいました。
31

どうやらberkeleydbとlibffiというものが不足していたのでインストールに失敗してしまったようです。

「Berkeley DB」とCydiaで検索したところ、すぐ見つかりました。
berkeleydbとlibffiを同時に入れてくれるようなので、Berkeley DBのインストールをしてみました。

そして、念のためiOSを再起動し、再接続、再度実行。

33
成功してくれたようです。

テストします。
34
成功しました。よかった・・・

4.ついでにpipもインストール

今後どうせ必要不可欠になるので、入れます。

既にeasy_installはインストールされているので、次を実行するだけです。

easy_install pip

これでインストールが終了しました。

追記(2015/03/21)

しかし、インストールが上手く行きませんでした。

エラーをある方見ていただき、アドバイスを貰いました。

どうやら、Cのコンパイラがいるようです。
これはAndroidの方も一緒だということなので、あちらにも入れるとします。

iOSでは、「GUN C Compiler」を入れることで解決するそうです。

Cydiaで入れようとしたところ、「libgcc」というのも足りないようでした。

手順を説明しよう・・・と思いましたが、とても簡単にインストールできるようなものを作っている方がいらっしゃったので、そちらのリンクと共に簡単に方法を説明します。

puti developers blog

Cydiaを起動し、リポジトリ(http://dl.dropbox.com/u/1576560/debs/)を登録する

GCC Easy Installerを選び、インストールしてください。

この2ステップで終わりました。
便利。

これでpipは正常に動くようになりました!

おわりに

何故か自分の環境でうまく動かないモジュールがあったりしたので、ここでいろんなことができればいいなと思います。

3件のコメント

    • 未検証ですが、pythonを実装するものだろうと思います。
      pipの導入以外はそれで大丈夫かと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です