WordPressを簡単にバックアップできる、スケジュールにも対応している「BackWPUp」の使い方

はじめに

こんにちは、めーゆーです。

ブログを書いている人にとって、最も怖いものの1つに「ブログデータの消失」というものはあると思います。

サーバーを借りている方なら、いつレンタルサーバーのエラーでデータが全部消えてしまってもおかしくはありません。

自分でサーバーを建てている方でも、いつ不調が来てサーバーがぶっ壊れてもおかしくはありません。

やはり、「バックアップ」というのはとても心強いものです。

何も知らなかった頃はWordPressの標準機能である「インポート」・「エクスポート」でちまちまバックアップしていた・・・なんてこともありました。

しかし、その方法では、「記事」「コメント」「カテゴリタグ」くらいしかバックアップできません。しかも30MBという制限付きで。

第一、手動でバックアップなんてのはとても非効率で、とても不安定です。

何故なら、ブログを運営してるのは人間、やはり、「忘れてしまう」ということがとても大きいでしょう。

手動でバックアップが習慣になっている方はそんなにいないと思います。

WordPressにはとても便利な「プラグイン」というモノがありますね。

これは、自分含めたユーザーや企業が作った便利な拡張機能のことです。

とてもとても簡単に導入することができ、そしてとてもとても有効的なものがたくさんあります。

この点だけでもWordPressを使うということは有利であると言えるでしょう。

さて、そんなWordPressのプラグイン群ですが、やはりバックアップのためのプラグインというのはたくさんあります。

そこで、自分がとても気に入っているプラグインである、「BackWPUp」を紹介します。

「BackWPUp」の導入方法

BackWPup

まずは「プラグイン」→「新規追加」の検索フォームに「BackWPUp」と入力し、プラグインをインストールします。

75

76

「有効化」して導入はおわりです。

「設定」の下に名前が追加されたと思います。

77

「BackWPUp」の設定

まず「BackWPup」から「設定」を開きます。

すると設定画面に移動しますので、順に説明します。

80

  • 管理バー:上部に「BackWPup」のリンクが現れます。簡単にアクセスすることができるようになります。
  • フォルダサイズ:「ジョブ」の「ファイルタブ」での編集時に
Posted in WP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です