3DSのセーブデータを管理するSaveDataFilerの使い方

resize_45168_1430437489

3ds間でのセーブデータの移行も可能なSaveDataFilerの使い方を紹介します。

SaveDataFilterのダウンロード、インストール

まずはSaveDataFilerをダウンロードします。

その後、解凍して出てきたciaを、ciaインストーラーで3DSにインストールします。

使い方や説明

ユニークIDについて

ホームにSaveDataFilerのアイコンがあるので、それを起動します。

下画面上部のタブがUserを指している時は、EmuNANDにインストールしたciaを表示しています。

IMG_20160118_211426

左側の5桁の数字はユニークidの一部です。– broken –はデータが壊れているか、存在しない場合に表示されます。

例えば「00B8B」と表示されているものが何のゲームか調べたい場合ですが、その場合のユニークidは00040000000B8B00となります。
3dsdb.comで検索してみると、大乱闘スマッシュブラザーズが出てきました。

000400000XXXXX00という形になっているので、XXXXXにユニークidを当てはめてどのゲームかどうか探してみてください。

このユニークIDですが、基本はBigBlueMenuを使い調べます。

BigBlueMenuのciaをインストールし、Title Manager(BigBlueMenu)を起動します。

起動直後はProgramタブが選択されているのですが、ここでユニークIDが調べられます。

IMG_20160118_205637

左側がユニークIDで、右側がその名前です。

CTR-○ー○○○○ではわからないと思いますが、Aボタンを押すことでそのアプリを起動することができるため、容易に確認することが出来ます。

エクスポート

ユニークIDが分かったところで、次はセーブデータをエクスポートします。

セーブデータを取り出したいゲームのユニークIDを選択し、Yボタンを押すと、セーブデータを取り出すか尋ねられるので、Aボタンでエクスポートします。

また、Xボタンを押すことで工場出荷状態、つまり初期化することが出来ます。

sd:/filer/UserSaveData/YYYYMMDD(Hour)(Minute)(Second)というフォルダの中に先ほど選択したゲームのユニークIDのフォルダがありますが、それがセーブデータとなります。

また、SaveDataFilerのSDタブにエクスポートしたデータが一覧として表示されます。

IMG_20160118_211748

インポート

SDタブでインポートしたいセーブデータを選び、Aボタンを押すとインポートするか確認されるので、再度Aボタンを押すだけです。

また、Xを押すことでそのセーブデータを消すことが出来ます。

おわりに

実は個人的にこれよりも使いやすいセーブデータマネージャーがあるので、後日それについても紹介します。

Posted in 3DS

2件のコメント

  1. SaveDataFilerの使い方を探して辿り着きました!

    > 個人的にこれよりも使いやすいセーブデータマネージャーがあるので、後日それについても紹介します。

    これに期待しておりますので、また来ます!

    • ありがとうございます。
      後日書いておくので、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です