【New3DS 10.3対応】browserhax+menuhaxの導入方法

images

今後3DS上でHBLを起動したり、CFWを入れたりする際に切っても切れない関係になってくるものなので、今のうちに入れておきましょう。

それぞれのhackの説明については割愛させていただきます。

Browserhaxの導入方法

導入方法といっても、とても簡単です。

  1. http://smealum.github.io/3ds/より、Otherapp/ropbin payloadsで自分の3DSのバージョンを指定し、「Download otherapp」からダウンロードしたものを「3dswebkithax.bin」にリネームします。
  2. https://smealum.github.io/ninjhax2/starter.zipより、スターターパックをダウンロード、解凍します。
  3. 3dswebkithax.binと解凍後に出てきた1つのファイル、2つのフォルダを3DSに挿すSDカードのルートにコピーします。
  4. SDカードを3DSに挿し、3DSを起動します。
    (New3DSの場合、ここでホームの下画面、左上の「HOMEメニュー設定」より、「無線通信 / NFC」をOFFにしておきます。)
  5. ホーム上でL+Rを押し、カメラを起動させます。
  6. QRコードのマークをタッチし、以下のQRをスキャンします。
    3dsbrowserhax_auto_qrcode
  7. そのままインターネットブラウザーを起動させます。
    Old3DSの場合、これで成功すると思います。
    New3DSの方は続きをどうぞ
  8. 「無線通信をONをにしてください」と出るので、「OK」を押してからホームに戻ります。
  9. 「HOMEメニュー設定」より、「無線通信 / NFC」をONにし、インターネットブラウザーを起動します。

これでおそらく成功し、homebrew launcherが起動していると思います。

(追記 01/25)
どうやらOld3DSで少し手順が違ったようなので修正しました。

それと、もし失敗して「エラーが発生しました」と出る場合は、一度browserhax_auto.phpをお気に入りに追加し、履歴、クッキーを削除してから再起動し、QRからではなくてお気に入りからbrowserhaxのページに飛んでみてください。

menuhaxの導入方法

一々ブラウザを立ち上げるのにも時間がかかるため、menuhaxを導入します。

これは、メニューを読み込む際に、そのままhblに左遷できるようにできるものです。

  1. browserhaxの手順でhblを起動します。
  2. 下画面のhb一覧に、menuhax_managerというものがあると思うので、それをAボタンで起動させます。
  3. ->の矢印がInstallを指していると思うので、そのままAボタンを押し、menuhaxをインストールします。
    ・もし失敗する場合は、一度ホームに戻り、「HOMEメニュー設定」より、「テーマを変える」を一度起動し、管理情報を作成し、その後Installを実行してください。
  4. 一度電源を切り、再度電源をいれるときにLボタンを押しっぱなしにします。
  5. menuhaxが起動し、そのままhblが起動されたら成功です。

途中フリーズしてしまったら、電源を切り、もう一度試して下さい。

これでおわりです。

Posted in 3DS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です