New3DSにCIAインストーラーをインストールする方法

597ef1cc2780de6858d3d8ed633411e4_large

EmuNAND上からhblを起動する際にも必須になるものなので、一番最初にやっておくといいです。

前提条件

CIAインストーラーをインストールする

  1. Universal-Inject-GeneratorFBIDecrypt9をそれぞれダウンロード、解凍します。
  2. 「Decrypt9WIP」フォルダをSDカードの「3ds」フォルダにコピーします。
  3. hblを起動し、Decrypt9WIPを起動します。
  4. 「EmuNAND Options」、「Health&Safety Dump」と選択します。
  5. SDカードのルートに「hs.app」というファイルがあるので、先ほど解凍した「Universal-Inject-Generator-master」フォルダ中の「input」フォルダ
    に配置します。
  6. 解凍して出てきたFBI.ciaも同じく「Universal-Inject-Generator-master」フォルダ中の「input」フォルダに配置します。
  7. 「Universal-Inject-Generator-master」フォルダ中の「go.bat」を起動します。
  8. 「FBI_inject_with_banner.app」というファイルができるので、「hs.app」にリネームし、SDカードのルートに配置します。
  9. 再度Decrypt9WIPを起動し、「EmuNAND Options」、「Health&Safety Inject」と選択します。
  10. 上画面の手順に従って、左、右、下、上、Aと入力し、書き込みを始めます。
  11. 終了したら再起動し、ReiNAND等からEmuNANDで起動します。
  12. 「安全に使用するには」を起動し、FBIが起動できたら成功です。
    自分の場合は「安全に使用するには」のアイコンごとFBIになっていました。

おつかれさまでした。

Posted in 3DS

5件のコメント

  1. 安全にしようするにはのときにエラーになります。
    何回してもエラーから解決できません。
    どうすればいいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です